生命の樹をインデックスに使い、たくさんの言葉を覚える

今人気の試験に受かるユダヤ式記憶術はどんな方法なのでしょうか?

ユダヤ式記憶術詳しくはこちら


ユダヤ式記憶術が受験生にとって非常に強い武器

試験勉強は、通常数ヶ月から場合によっては数年を要する長期戦です。

その場合、覚えたことをいかに長期間頭の中に保持できるかが問題になります。

ユダヤ式記憶術では長期間の記憶が可能になるのですが、
これからその理由を説明します。

まず第一に、知識を真に体系化する方法だからです。

真の体系化とは、ただ単に表や図に整理して覚えることではありません。

“時系列や順番はどうなっているか、
原因と結果は何か、前後関係は何か、前提条件は何か、
対応関係(対立関係)は何か、均衡状態があるか、発展関係が存在するか・・・“
といった知識同士の関係付けをし、秩序立てて整理することです。

体系化をするということは、ものごとの間にある理屈を理解できるということでもあります。

瞬間記憶術では連想イメージで覚える方法を取るにしても、
用語同士の意味のつながりはありません。

いわゆる丸暗記に近い状態です。

もちろん、意味のつながりという理屈が無いので理解は伴いません。

理屈の無いことは短期間で必ず忘れます。

理屈があり、理解できたことは、長期間覚えていることができます。

脳は理解していないことはうまく覚えられません。

丸暗記した公式や知識、意味のない文字や数字の羅列は、
覚えたつもりでもすぐに忘れてしまうでしょう。

ものごとを理解したときにだけ、脳はそれをしっかりと記憶するのです。

理解していないものは役に立ちません。
役に立たないことは記憶するだけむだです。

まさに、ユダヤ式記憶術は、知識を関連づけし、理屈があり、
理解しながら記憶していく方法です。

長期間の記憶ができるもう一つの理由は、
ユダヤ式記憶術で使う体系化の図式は一種類でよいためです。

瞬間記憶術では沢山(数十〜数百個)の目次リストを作って
覚えておかなければいけないので、どうしても抜けがでる可能性が高くなります。
一つの図式を覚えておけばよいので長期間でも忘れることがありません。

しかも、図式自体にも理屈があるので、理解してしっかり記憶することができます。


ダヤ式記憶術が、思い出すのに強い方法である理由は次の通りです。

第一に、
ユダヤ式記憶術では、覚える事柄同士に意味のつながり(理屈)を
持たせて覚えていきます。

そもそも大人の脳は(左脳の領域である)論理や理屈を扱うのが
得意にできているので、理屈があるものは無理なく思い出せるのです。

逆に言うと、何かを思い出すときは、そこで理屈が無いと引き出せないものです。

第二に、
ユダヤ式記憶術の図式は“思い出すきっかけ”をたくさん
持っているからです。

ユダヤ式記憶術では物事を体系的に覚えていきますが、その際に真に体系化して整理します。

その体系化の方法の中に、
様々な“思い出すきっかけ”が頭に入る仕掛けがあります。

記憶術的に言えば、“思い出すきっかけ”をたくさん持っている図式と言えます。

だから、たとえ一つの関連付けを忘れたとしても、
ある知識は他の知識と有機的に、意味を持ってつながっているので、
その他の関連付けから、思い出したいことを引き出すことができます。

第三に、
ユダヤ式記憶術で使う体系図式は、
「抜けなく思い出せる図式」になっているからです。

覚えるときには体系化の方法も重要です。

それは、自分の知識の中で、
“何か抜けはないか?”をチェックできる機能が抜けているからです。

そもそも“抜けがある”ことに気づくことさえできません。

つまり、“知識の抜け”に気づけないのです。 

こうした問題を解決し、真の体系化を抜けなく行い、
また、抜けなく思い出せる図式を提供してくれるのが
ユダヤ式記憶術なのです。

おまけに、ユダヤ式記憶術の体系図は、
“思い出す”ことに関してさらに効率的にできています。

それは、
一つの知識から芋づる式に知識を引き出せるところです。

知識と知識に意味の関連付け(連鎖)があり、それが有機的に
どんどんつながっていくので、一つの知識から他の知識を
次々に芋づる式に引き出せる図式が用意されています。

あまり突飛な記憶法(瞬間記憶術)に頼らずに、
理屈、論理を大事にした『王道』の方法で記憶し、勉強を進めていくことをお勧めします。

それが、緊張を伴う試験本番の精神状態において、
的確に覚えたことを思い出せるかどうかにも影響するはずですから。

ユダヤ式記憶術を使うために、右脳を使う瞬間記憶術のように“ある種の才能”は必要ありません。

まず第一に、
普段私たちがよく使っている左脳(論理脳)を十分に活用する方法論だからです。

ある程度論理力が発達している人であれば使える方法論です。

脳科学者も、大人になってからは論理を使って記憶するべきとはっきりと言っています。

論理脳を使って記憶することは、脳科学的に見ても理にかなっていることが分かります。

ユダヤ式記憶術は、そのルーツをたどると
中世ヨーロッパ時代以降、思想家が膨大な量の学説を記憶するのに
開発した方法です(*当時まだグーテンベルクの活版印刷が発明されて
いなかったので、研究しようと思っても本が手に入らず、
写本を作り頭の中に暗記していきました。 記憶力=研究力だった時代です)。

彼らも私たちと同じように左脳の発達した大人であり、
もともと記憶術の天才ではない人間が自分の仕事を遂行するために開発した技術なのです。

才能が必要ない第二の理由として、
覚えるときに使う体系図がシンプルなものだからです。

もし体系図が複雑なものであったり、種類がいくつもあったら、
使いこなせる人は限られてしまうでしょう。

でも、ユダヤ式記憶術の体系図は、たった1種類の決まった図式しか使いません。

しかも、図式の形も比較的シンプルなものです。

だから、一定の論理力が発達さえしていれば使える図式と言えます。

一度覚えてしまえばずっと使えるし、有り難いことに
使えば使うほど上手に使えるようになってきます。

形はシンプルだけども奥は深いのです。

いかにユダヤ式記憶術が試験勉強にぴったりの方法論であるかがお分かりいただけたと思います。


ユダヤ式記憶術スゴイですね。

これなら試験に受かりそうです。

試験に受かるユダヤ式記憶術公式サイトこちら
1