スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

生命の樹をインデックスに使い、たくさんの言葉を覚える

今人気の試験に受かるユダヤ式記憶術はどんな方法なのでしょうか?

ユダヤ式記憶術詳しくはこちら



試験勉強は、通常数ヶ月から場合によっては数年を要する長期戦です。

その場合、覚えたことをいかに長期間頭の中に保持できるかが問題になります。

ユダヤ式記憶術では長期間の記憶が可能になるのですが、
これからその理由を説明します。

まず第一に、知識を真に体系化する方法だからです。

真の体系化とは、ただ単に表や図に整理して覚えることではありません。

“時系列や順番はどうなっているか、
原因と結果は何か、前後関係は何か、前提条件は何か、
対応関係(対立関係)は何か、均衡状態があるか、発展関係が存在するか・・・“
といった知識同士の関係付けをし、秩序立てて整理することです。

体系化をするということは、ものごとの間にある理屈を理解できるということでもあります。

瞬間記憶術では連想イメージで覚える方法を取るにしても、
用語同士の意味のつながりはありません。

いわゆる丸暗記に近い状態です。

もちろん、意味のつながりという理屈が無いので理解は伴いません。

理屈の無いことは短期間で必ず忘れます。

理屈があり、理解できたことは、長期間覚えていることができます。

脳は理解していないことはうまく覚えられません。

ものごとを理解したときにだけ、脳はそれをしっかりと記憶するのです。

理解していないものは役に立ちません。
役に立たないことは記憶するだけむだです。

まさに、ユダヤ式記憶術は、知識を関連づけし、理屈があり、
理解しながら記憶していく方法です。

長期間の記憶ができるもう一つの理由は、
ユダヤ式記憶術で使う体系化の図式は一種類でよいためです。

瞬間記憶術では沢山(数十〜数百個)の目次リストを作って
覚えておかなければいけないので、どうしても抜けがでる可能性が高くなります。
一つの図式を覚えておけばよいので長期間でも忘れることがありません。

しかも、図式自体にも理屈があるので、理解してしっかり記憶することができます。


ユダヤ式記憶術が、思い出すのに強い方法である理由は次の通りです。

第一に、
ユダヤ式記憶術では、覚える事柄同士に意味のつながり(理屈)を
持たせて覚えていきます。

第二に、
ユダヤ式記憶術の図式は“思い出すきっかけ”をたくさん
持っているからです。

第三に、
ユダヤ式記憶術で使う体系図式は、
「抜けなく思い出せる図式」になっているからです。


ユダヤ式記憶術を使うために、右脳を使う瞬間記憶術のように“ある種の才能”は必要ありません。

ユダヤ式記憶術スゴイですね。

こちらから詳しい内容をみることが出来ます。
試験に受かるユダヤ式記憶術公式サイトこちら
1